中国:COVID-19の影響を踏まえたインフラ金融及びM&A取引契約の検討

中国:COVID-19の影響を踏まえたインフラ金融及びM&A取引契約の検討

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がインフラ金融及びM&A取引契約に与える影響についてまとめています。

関連するコンテンツ

COVID-19のパンデミック(世界的大流行)が拡大し続けたことで業界や業種を超えて前例のないレベルで混乱が生じ、インフラ分野の企業及び関連する利害関係者は、取引内容や既存のプロジェクトについて意図せず商業上の契約の権利が損なわれることがないように、調査を進めています。この中には、デリバリーチームに対して、受渡計画及び(または)サプライチェーンについて調査し、近い将来求められる債務返済と期日遵守の方法を導入させることも含まれています。

一方で、外部の第三者(銀行や政府支援など)から資金を調達する可能性のあるプロジェクトについては、当事者は資金調達に関する文書内で金融機関が課した追加要件に注目する必要もあるでしょう。基本となる契約の約定に計画的または計画外に違反(作業の一時停止を含む)した場合、それが融資契約及び(または)金融機関側の証書上のデフォルト事象や契約解除トリガーに相当するとされる可能性があるかどうか、意識を向けることが重要です。

詳細につきましては、下記PDFをご参照ください。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today