アジアパシフィック地域における医療機器産業の環境変化

アジアパシフィック地域における医療機器産業の環境変化

医療機器メーカーのアジアパシフィック地域への進出が進む中、今後は異業種においても、国内外のヘルスケアエコシステムに目を向け、予防・診断・治療の各領域で事業拡大に動くことが考えられます。医療機器関連企業がAPAC地域への新たな事業機会を得るべく、医療機器産業の各国の動向から規制環境、販売流通ネットワーク、関連企業の進出状況について考察します。

関連するコンテンツ

アジアパシフィック(APAC)地域は、今後一層の人口増加に伴った経済発展を遂げることが確実視され、また平均寿命の伸長による高齢化の波は日本や中国のみならず開発途上国にも押し寄せ、同時に医療費の増加も予想されます。今後は域内で急激に増加していく医療需要に応える形で、次世代型医療インフラとしてのヘルスケアエコシステムの構築が進み、新たな経済圏を構成していくことになります。

本レポートは、KPMGが医療機器業界に長年携わり、多くの企業経営者・経営層との対話を通じて医療機器関連企業がAPAC地域への新たな事業機会を探る中で、市場への参入時に検討を深める上市戦略や流通戦略策定時の基礎情報となる、医療機器産業の各国の動向から規制環境、販売流通ネットワーク、関連企業の進出状況についてまとめたものです。

なお、本レポートの制作期間中に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生しました。
各国では医療崩壊リスクが現実のものとなり、クライシスマネジメント構築の重要性がより一層高まっています。パンデミック対応を含むクライシスマネジメント上の課題について、代表的なものをレポートの最後に挙げています。ご参考となれれば幸いです。
 

詳細はPDFファイル(4.4MB)をご参照ください。
※「ダウンロードPDF」ボタンからでも、ダウンロードいただけます。

目次

はじめに - アジアパシフィック地域(APAC)について
各国概要
医療機器産業分析
医療機器産業の主な動向
各国の医療機器規制環境
まとめ
医療機器市場の今後に向けて
おわりに

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today