ベトナム:新労働法(45/2019 / QH14号)の可決

ベトナム:新労働法(45/2019 / QH14号)の可決

ベトナムニューズレター - 新労働法(45/2019 / QH14号)が2019年11月20日に国会で可決され、2021年1月1日より有効となります。

関連するコンテンツ

新労働法(45/2019 / QH14号)が2019年11月20日に国会で可決され、2021年1月1日より有効となります。
残業、定年退職、労働者を代表する組織、職場での対話、団体交渉、労働契約、労働規律および外国人の雇用に関する抜本的な変更が行われ、これらの変更により、雇用主は人事政策及び書類の見直し・更新を求められます。このうち、各項目の変更点について添付に取りまとめましたので、下記よりダウンロードください。

関連リンク

KPMGベトナムニューズレター/TAX AND CORPORATE SERVICES

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today