新たなビジネス創出が期待されるeスポーツとは

新たなビジネス創出が期待されるeスポーツとは

「裾野広がるeスポーツ」第1回 - eスポーツを取り巻く世界の動向とビジネスの事例や周辺産業を紹介しながら、日本市場の現状や抱える課題を分析し、日本のeスポーツビジネスの将来について20回に渡り考察する。第1回となる今回は、eスポーツの概要とそこから創出されているビジネスについて紹介する。

関連するコンテンツ

世界のゲーム産業が今、新しい時代に入りつつある。「ゲームではあるが、単純にゲームだけではないeスポーツ」へのパラダイムシフトが起きている。
従来のゲーム産業はゲームをするプレーヤー側に焦点が当たり、任天堂やソニーなどのゲーム会社とプレーヤーの間の1次ビジネスにとどまっていた。しかし、ゲームから派生したeスポーツは「ゲームを競技として見て楽しむ」、つまり試合中の戦略・戦術・操作テクニック、チームや選手のストーリーなどを一般のスポーツと同等に観戦するようになった。
こうした変化を受け、ゲームをプレーしない層がゲーム観戦で時間を過ごす、オンラインやオフライン上に観戦のために集まる、関連サービスにお金を使うことにつながり、新たな2次・3次ビジネスが生まれ始めた。

例えば、プレーする側が楽しめるeスポーツ施設ビジネスから、パブリックビューイングとお酒が飲めるホスピタリティビジネス、プロ選手を育成する教育ビジネス、ゲーム用チェアなどのプロ選手専用製品、選手の体調管理のためのチーム専属ドクター、ワールドカップ観戦ツアーといった旅行ビジネス、eスポーツファンを狙った金融商品まで、周辺で新しいビジネスが創出されている。

こうした「ゲームのスポーツ性とビジネス」にいち早く着目した海外では、およそ20年前からリーグ大会の開催、企業のスポンサー参入、コンテンツとしての試合放送、プロチーム・プロ選手の登場など、スポーツ産業と同じようなエコシステム(生態系)がeスポーツでも形成されている。国によって発展の仕方や方向性は異なるが、eスポーツは全世界で1つの巨大なコミュニティーとなっている。さらに2022年からはアジア競技大会で正式種目になることをはじめ、今後オリンピック種目になる可能性もあることから、海外ではさらに大きな盛り上がりをみせている。

このような動きは、世界のゲーム産業で3位の日本には大きなチャンスであるが、一方で日本のeスポーツ産業はまだ歩き出したばかりで、課題も複数存在する。
本連載ではeスポーツを取り巻く世界の動向、ビジネスの事例や周辺産業を紹介しながら、日本市場の現状や抱える課題を分析し、日本のeスポーツビジネスの将来について考察する。

世界のeスポーツ市場(2018年)
世界のeスポーツ市場(2018年)

出所:Newzoo「世界eスポーツ市場リポート2019」を元にKPMG作成

本文中に記載されている会社名・製品名は各社の登録商標または商標です。
日経産業新聞 2020年2月6日掲載(一部加筆・修正しています)。この記事の掲載については、日本経済新聞社の許諾を得ています。無断での複写・転載は禁じます。

執筆者

KPMGコンサルティング
シニアマネジャー Hyun Baro(ヒョン バロ)

裾野広がるeスポーツ

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today