新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が予想信用損失(ECL)の報告に及ぼす影響についてのESMAのガイダンス

新型コロナウイルス感染症が予想信用損失の報告に及ぼす影響についてのESMAの...

欧州の規制当局の目的は、IFRS第9号の一貫した適用の促進です。

関連するコンテンツ

欧州の規制当局であるESMA(European Securities and Markets Authority)は、IFRS第9号に基づき予想信用損失(ECL)を測定する際に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるシステムへの影響を低減することを目的とした公的及び関連する措置を反映する上で、IFRS基準の一貫した適用を促進するための声明を公表しました。公的及び関連する措置には借手に対する政府による直接的な支援や貸手による救済措置が含まれます。

ESMAは、IFRS第9号の原則主義という性質により、発行体がCOVID-19よって生じる状況及び関連する公的措置を忠実に表現することが可能である、と強調しています。

ESMAの声明は、支払猶予によって、銀行が、必ずしも貸付金に係る全期間の予想損失全額を計上する必要がないことを示す有益なものです。ただし、無条件でそうなるわけではありません。ESMAは、「銀行は貸付金の全期間の債務不履行のリスクが著しく増大しているか否かを評価する必要があり、それは大きな試練である」と述べています。

支援措置の結果もたらされる条件変更に関する会計処理

発行体は、経済支援措置が結果的に金融資産の認識の中止となる大幅な条件変更をもたらすか否かを評価する必要があります。

その評価は、重要な判断を必要とする可能性があり、定量的及び定性的要因の両方を検討しなければなりません。

条件変更が債務者に一時的な救済を提供し、貸付金の正味経済価値が重要な影響を受けない場合には、条件変更が重大なものとはみなされない可能性があります。

信用リスクの著しい増大についての評価

IFRS第9号は、発行体に、各報告日において、エクスポージャーに係る信用リスクの著しい増大(SICR)があるか否か評価することを要求しています。これは、エクスポジャーの全期間における債務不履行リスク、すなわちその金融商品の予想される残存期間にわたる債務不履行リスクの変動を把握しなければならない全体的な評価です。

借手に支援を提供する政府のプログラムは、この評価において検討しなければなりません。なぜなら、そうのような支援プログラムは全期間の債務不履行リスクを低減する可能性があるからです。

貸付金の支払いの一時停止または遅延を容認する措置により、自動的にその貸付金がSICRになることを意味する、とみなされるべきではありません。その代わりに、貸手は、その措置が実行されている状況を分析し、すべての事実及び状況を検討する必要があります。重要な課題は、借手に対する一時的な流動性に関する制約とその金融商品の全期間にわたるSICRとを区別することです。

IFRS第9号は、30日超延滞となっている貸付金はSICRであるという反証可能な推定を含んでいます。発行体は、借手に提供された経済的支援が、この推定を反証する可能性があるか否かについて検討することが必要となります。

COVID-19の信用リスクへの影響が、個々の金融商品レベルで識別できない場合、集合的に、すなわち貸付金のグループまたはグループの一部について、SICRを評価することが必要になる場合もあります。

予想信用損失(ECL)の見積り

予想信用損失(ECL)は、一定範囲の生じ得る結果を評価することによって決定される偏りのない、確率加重金額を反映して測定されます。

過去の事象、現在の状況及び将来の経済状況の予測に関して、報告日において過大なコストや労力をかけずに入手可能な合理的で裏付け可能な情報を考慮します。

発行体は、現在の不確実性及び短期的な経済見通しの変動が、金融商品の全期間にわたってどの程度影響を及ぼすことになるか、検討する必要があります。発行体は、合理的かつ裏付け可能な予測の策定において課題に直面することになります。また、長期的な安定傾向に戻るまで、どれくらい長く経済ショックが持続する可能性があるか、及び政府の支援により、どの程度そのショックを軽減することができるかについて検討する必要があります。

発行体のエクスポージャーに対する公的保証

政府は、貸付エクスポージャーに対して保証を提供する可能性があります。

保証は、エクスポージャーの債務不履行リスクを低減するわけではありませんが、貸付金の契約条件と不可分である場合、債務不履行時の予想損失を減少させることになります。保証が不可分であるか否かの評価は、判断を必要とする場合があります。

透明性

ESMAは、IFRS第7号「金融商品:開示」に準拠して、COVID-19の実際の影響及び潜在的な影響について、すべての関連する開示を提供することの重要性を強調しています。

期中財務諸表に関しては、ESMAは、直近の年次報告日以降に発生した重要な事象及び取引について理解するために、十分な開示が提供されることが必要になると予想しています。

重要な判断についての追加情報が提供されなければなりません。

KPMGの考察

KPMGは、予想信用損失(ECL)測定に対するCOVID-19の影響及び透明性のある開示の必要性について、KPMGのCOVID-19金融報告リソースセンターの最新記事で我々の考察を提供しています。

英語コンテンツ(原文)

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today