チェコ:税パッケージの実務的な推奨事項

チェコ:税パッケージの実務的な推奨事項

新型コロナウイルスのパンデミックに関連してこれまでに発表された税関連の措置に関して、参考までに、個々の税項目での実務的な推奨事項を説明します。

関連するコンテンツ

法人所得税 - 課税期間終了後3か月以内に法人所得税申告書の提出が求められる納税者

  • 罰金および延滞税が免除されたうえで、2020年7月1日に、法人所得税申告書を提出し、関連する税金を支払うことが可能である(2020年5月1日または6月1日が申告の提出期限の会計期間にも適用される)。
  • 納税者が税金の過払いを申請する場合、過払金の払い戻しの期限は変更されない(所得税申告の提出期限から30日以内、または実際の所得税申告が締め切り後に提出された場合は実際に提出された日付)ため、可能な限り早く、関連する所得税の申告を提出する必要がある。
  • 申告の延期を選択する場合、2020年7月1日(tax administratorの口座に金額を入金する必要がある日付)に納税申告書を提出し、実際に税金を支払う必要がある。申告が遅れて提出された場合、罰金の免除は適用されず、罰金は2020年4月から遡及的に課せられる。

法人所得税–すべての納税者

  • 課税期間として暦年を使用する納税者は、6月に支払われるべき所得税の前払いを支払う必要はなく、また、これを申請する必要もない。他の納税者(会計年度を暦年以外で使用)は、減額または免除の理由を提示したうえで、6月に予定されている所得税の前払いの免除の申請が可能となる。これは、他の月に支払う前払いにも適用される。また、つまり、前払いが既に支払われているか、既に支払われている場合、個別の申請に基づいて、前払いを遡及的に放棄することも可能である。
  • 上記とは別に、標準的な4 - 5日の制裁措置のない期間が所得税申告の提出/納税にも適用される。また、必要に応じて、所得税申告の提出期限を最長3ヵ月延長することもできる(納税期限が2020年7月1日より前の場合で、課税期間終了後6ヵ月以内に所得税申告を提出する必要がある納税者に適用)。外国での収入が懸念される場合は、課税期間終了後最大10ヵ月の延期を申請することができる。
  • 法人所得税申告書が提出され、遅延して税金が支払われた場合、納税者は延滞税の免除の申請を提出することができる。申請が許可された場合、納税申告書の遅延提出に対する罰金も自動的に免除される。申請は現在、管理手数料は対象とはなっていない。ただし、(可能であれば)期限内に納税申告書を提出し、分割払いまたは後日(納期の延期)に納税を実施することが推奨される。申請に基づいて、関連する延滞税が免除される。
  • 延期された申告期限(提出が遅れた場合の罰金免除)は、前払いの形で源泉徴収された雇用に対する所得税の計算書を除いて、源泉徴収された法人所得税の計算にも適用される。一方で、期間中に税金が正しく源泉徴収された場合は、過少申告は発生しない。

VAT

  • 制裁措置のない期間は、VAT申告の提出とVATの支払いにも適用される。5営業日を超えない場合、提出の遅延に対する罰金は発生しない。デフォルトの延滞税は5営業日目から発生する。
  • 2020年3月1日から7月31日までの期間でtax administratorが請求するよりも早くVAT ledger statementsが提出された場合、VAT ledger statementsの提出が遅延した場合に課されるCZK 1,000の罰金が自動的に免除される。財務当局は、法定の提出期限から5~7日以内に納税者に通知することを約束している。実際には、これは、5日間の制裁措置のない期間がVAT ledger statementsにも適用されることを意味する。
  • VAT ledger statementsを提出せずに、より高い罰金が課された場合(たとえば、納税者がtax administratorから要求された後にステートメントを提出した場合)、納税者は個別に免除を申請できる可能性がある。
  • 制裁措置のない期間が終了するまでVATが支払われない(またはVAT申告が提出されない)場合、関連するデフォルトの延滞税は個々の申請に基づいて免除される。デフォルトの延滞税が免除された場合、VAT申告の遅延提出に対する罰金も自動的に免除される。デフォルトの延滞税が発生しない場合(たとえば、控除が大きくて還付となるケース)、VAT ledger statementsの遅延提出に対する罰金およびVAT申告の遅延提出に対する罰金も免除され、税務申告はVAT ledger statementsと同時に申請される。
  • 控除が上回る場合、5日間の制裁措置のない期間内にVAT申告を提出して、潜在的にネガティブな要因を排除することが推奨される。
  • 同様に、納税義務が発生した場合、VAT申告書を提出し、分割払いまたは後日、VATの申請をすることが推奨される。その後、コロナウイルスのパンデミックとの関係を証明し、関連する延滞税の免除を個別に申請することが推奨される。

不動産取得税

  • 財務省は、この税金をキャンセルする意向を発表した。詳細については、2020年3月30日に議論される。
  • 2020年3月31日から7月31日までの提出期限が設定された不動産取得税の申告は、2020年8月31日まで制裁措置なしに提出することが可能である。税支払いまたはその前払いもこの日付まで延期される可能性がある。技術的には、延期は、遅延申告に関する罰金と延滞税の放棄を通じて行われる。
  • 延期を選択する場合は、申告を行い、実際に2020年8月31日までに納税する必要がある。確定申告が後で提出された場合、罰金の免除は適用されず、元の期限から遡って罰金が課される。したがって、8月末には、通常の5日間の許容期間を使用することはできない。

道路税

財務省は、2020年4月および7月に支払われる道路税の前払いの支払期限を、2020年10月15日まで延期することを発表した。

固定資産税およびその他の税金

これまでのところ、これらの税に関連する措置は採用されていない。ただし、特に次のような税法で設定されたオプションを利用することは可能である。

  • 制裁措置が講じられない可能性のある期間(税の支払い/確定申告の提出に4 - 5営業日)
  • 分割払いの税金の支払いを申請するオプション、延滞税の免除を申請し、後日税金の支払いを行うオプション。


当情報の正確性について
上記情報について、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、情報が古くなることもあり、必ずしも正確性を保証するものではありません。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today