【講演動画】Future Retailに必須となるデータ経営の潮流

流通・小売業における、これからの需要予測やサプライチェーン高度化について、実践例を交えて解説します。

流通・小売業における、これからの需要予測やサプライチェーン高度化について、実践例を交えて解説します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、消費者の価値観・生活様式を変容させ、社会および企業活動に大きな影響を与えました。さらに、企業は、SDGsといった取組みへの対応も求められています。

メーカー/流通・小売各社は、withコロナでのビジネス遂行を前提としたオペレーション改革の必要性に迫られており、特に、消費者ニーズの動向をいかにして読むかという課題は、これまで以上に重要性が高まっています。
こちらの動画では、需要予測とサプライチェーン管理にとって不可欠な要素となりつつある、「気象予測データ」とデジタル技術を活用することで自律的な対応を可能にする「サプライチェーン・コントロールタワー」の有用性を、実践例を交えて解説しています。

プログラム紹介

視聴時間:約60分

  1. COVID-19下における小売業/消費財メーカーのデジタル化成功ポイント
  2. 気象データとコントロールタワーを活用したサプライチェーン管理の高度化
  3. 気象データを活用した需要予測の実践例

講演者

日本気象協会 社会・防災事業部 専任主任技師 本間 基寛 氏
KPMGコンサルティング パートナー 箕野 博之
KPMGコンサルティング シニアマネジャー 齋藤 郷

動画の視聴はこちらから

※配信は動画共有サービス「Vimeo」を使用しています。推奨ブラウザはGoogle Chrome最新バージョンです。
視聴環境についての詳細はVimeo公式サイトにてご確認ください。

本動画は、2020年10月30日(金)に開催したオンラインセミナー「Future Retailに必須となるデータ経営の潮流」の講演動画です。
なお、動画中で触れているアンケート・資料ダウンロードは現在行っておりません。

KPMGコンサルティングでは、調査レポートや解説記事等、皆様のお役に立つ最新情報やセミナーのご案内等を、KPMG Consulting Newsというメールマガジンで定期的に配信しています。
配信ご希望の方は以下のリンクからお申込みください(登録無料)。

ご登録フォーム

メールマガジンサンプル

お問合せ