close
Share with your friends

2019年 IPOレポート(総括)

2019年 IPOレポート(総括)

2019年のIPO社数は、前年比で4社減の86社となり、2017年以降、90社程度の高水準で推移しています。投資ファンド等による出口案件の減少や低金利を背景に堅調に推移してきた不動産業が伸び悩んだ一方で、次世代テクノロジー分野で活躍する企業のIPOが目立ちました。

関連するコンテンツ

2019年のIPO動向について

(2019/1月~12月)

a)概況
b)新規上場会社の分析
c)新規上場時の初値騰落率(対公募価格比)の状況について
d)主幹事証券会社状況
e)監査法人状況
f)地域別状況
g)上場までの会社設立後経過年数について

株式上場(IPO)に関するトピック解説

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.