2019年におけるオランダ税務アップデート

2019年におけるオランダ税務アップデート

本稿においては、日系企業のオランダストラクチャーに関し2019年における主要なオランダ税制のアップデートについて概説します。

関連するコンテンツ

目次

国際税務研究会 月刊「国際税務」の2018年11月号に「日系企業のオランダストラクチャーに関するオランダ税務を中心とした税務論点の概説」(以下「2018年記事」という。)を寄稿し、2018年10月15日現在におけるオランダ税制上の主要論点などの概説を行いました。本稿においては、2019年1月から本稿寄稿時現在までの期間に明らかになった主要なオランダ税制のアップデートについて概説します。

  1. はじめに
  2. ルーリング制度についての改正
  3. ハイブリッドミスマッチ対策税制(ATAD2)
  4. 2020年オランダ税制改正案

※本稿は国際税務研究会 月刊「国際税務」2019年11月号に掲載された記事です。

執筆者

KPMGオランダ
Cees van der Helm
河崎 嘉人

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today