Digital Identity(デジタルID)

Digital Identity(デジタルID)

デジタルIDの活用がグローバルに拡大しています。特に、新興国では、その実用化が急速に広がる"leapfrogging"がみられます。「デジタルIDとは何か。FATFは何を指摘しているか。米国の動きはどうか。日本への示唆は。」本稿は、これらの点にお答えします。

執筆者

水口 毅

ディレクター

あずさ監査法人

メールアドレス

関連するコンテンツ

金融取引のデジタル化が進むなか、本人確認への新技術の活用が拡大しています。本稿は、I. デジタルIDについてFATFが公表した指針案と、II. 米国における「デジタルIDの共用可能性(portability)の実現」に向けた動きを紹介し、最後に、III. わが国への示唆を簡単に解説します。

内容

  1. はじめに - 「本人確認」について
  2. デジタルIDに関する「FATF指針案」
    (1)デジタルIDシステムの特徴と具体例
    (2)デジタルIDシステム活用の「メリット」と「リスク」
    (3)銀行が個別のデジタルIDシステムの採用可否を決める際のプロセス
  3. 米国におけるデジタルIDの「共用可能性」の実現に向けた動き
  4. わが国への示唆

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
金融アドバイザリー部
ディレクター 水口 毅

金融機関に関する最新情報

#RegTech

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today