close
Share with your friends

日本企業に求められるこれからのクラウドセキュリティ対策

日本企業に求められるクラウドセキュリティ対策

オラクル・コーポレーションとKPMGが共同発行する「Oracle and KPMG Cloud Threat Report 2019」の日本語版抄録を紹介します。本レポートにおいて、日本企業においても、クラウドサービスはもはや、あれば便利なITの要素ではなくなり、ビジネスオペレーションのあらゆる側面に欠かせないコア機能であることがうかがえます。

関連するコンテンツ

KPMGは、Oracleと共に、「Oracle and KPMG Cloud Threat Report 2019」を発行しています。本レポートでは、米国、カナダ、英国、オーストラリア、シンガポールの5ヵ国のサイバーセキュリティおよびIT専門家450人を対象に、クラウド利用におけるセキュリティの現状について調査した結果を報告しています。

企業は本格的にクラウドを活用し始めており、約70%の回答者がクラウドサービスの重要性が高まっていると回答しています。しかし、セキュリティ上の課題も残されており、92%の回答者がセキュリティポリシーに違反したクラウドサービス利用の懸念があると回答し、シャドーIT等の懸念は解消されていません。また、クラウド利用の可視性に関する課題も明らかになり、セキュリティイベントデータの75%以上を利用している回答者はおよそ10%でした。
クラウド上に機密データを保管する企業も年々増加しており、クラウド上の機密データの保護が益々重要となっています。

日本企業においても、クラウドサービスはもはや、あれば便利なITの要素ではなくなり、ビジネスオペレーションのあらゆる側面に欠かせないコア機能を担うようになってきています。そのため、クラウドサービス利用が進んでいる海外で調査を行った本レポートをもとに、クラウドセキュリティ対策を更に進めることをお勧めします。

日本語版抄録

「Oracle and KPMG Cloud Threat Report 2019からの考察 出遅れる日本企業のクラウドセキュリティ ~クラウドセキュリティに関するグローバル意識調査から判明した改善ポイント~」は以下よりダウンロードいただけます。

英語コンテンツ(原文)

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.