close
Share with your friends

続・事業再編とバイアウト

続・事業再編とバイアウト

日本企業の事業ポートフォリオ評価、ノンコア事業の戦略的売却、事業再編に伴う法的スキームの検討と交渉ポイント、近年の事業再編型バイアウトの動向などの解説を行ったうえで、事業再編に伴うバイアウトの実態を豊富な事例紹介と経営者インタビューにより明らかにした、日本の企業経営者必読の書。2011年に刊行した『事業再編とバイアウト』の待望の続編。

関連するコンテンツ

書籍紹介

日本企業の経営者(CEO・COO・CFO)や、経営企画部、経営戦略部、事業開発部、財務部、社長室などでM&Aに関与されている方々に必読の書。また、各事業部門の責任者や子会社の経営者にもお薦めの書。事業再編のサポートを行うM&Aアドバイザーや、戦略コンサルタント、金融機関(銀行、証券会社)、弁護士、公認会計士、税理士などのプロフェッショナルの方々にも待望の実務書。

著者:日本バイアウト研究所/編(KPMG FASにて第1章を執筆)

出版社:中央経済社

発行日:2019年11月15日

体裁:A5判・256頁・上製

定価:3,300円+税

目次

第1章 事業ポートフォリオ評価とノンコア事業の戦略的売却
- 日本企業のエンタープライズ・ワイド・トランスフォーメーションに向けて -
執筆者:
株式会社 KPMG FAS 執行役員パートナー 岡本准・伊東正巳

第2章 事業再編に伴う法的スキームの検討と交渉ポイント
- バイアウト・ファンドを活用した円滑な事業再編に向けて -

第3章 日本における事業再編型バイアウトの新潮流
- 外部資本の導入による企業価値向上に向けて -
座談会 日本企業の事業再編による子会社独立の実践
- 事例から学ぶバイアウトの手法の優位点 -

第4章 MBOにおけるバイアウト・ファンドの役割とハンズオン経営支援の事例紹介
- フェニックスインターナショナルの取り組み -

第5章 バイアウト・ファンドを活用した子会社独立支援
- ユニメイトの事例 -

第6章 日本ピザハットの再成長への歩み
- 事業再編を契機とした事業戦略の転換 -

第7章 大企業グループのノンコア事業から成長市場のキープレーヤーへの変貌の軌跡
- ファスフォードテクノロジの事例 -

第8章 中国・アジアを軸とした製造業の再成長
- 欧州企業傘下から急激に業績を回復・成長させたモリテックスの事例 -

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)