close
Share with your friends

東アジア地域包括的経済連携(RCEP: Regional Comprehensive Economic Partnership)

東アジア地域包括的経済連携(RCEP: Regional Comprehensive Economic Par

RCEPは、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドの6カ国がASEAN(10カ国)との間で既に締結している各FTAを束ねる包括的経済連携構想です。

関連するコンテンツ

2011年11月にASEANが提唱し、その後2012年11月に正式に交渉が立上げられ、関税の撤廃、サービス貿易や投資の自由化といった広範な分野において議論がなされており、2019年内妥結を目指して継続的に交渉が進められています。

RCEPが実現すれば、人口約34億人(世界の約半分)、GDP約20兆ドル(世界全体の約3割)、貿易総額10兆ドル(世界全体の約3割)を占める広域経済圏が誕生することになります。

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)