close
Share with your friends

改正日米租税条約

改正日米租税条約

日米租税条約を改正する議定書(改正議定書)に係る批准書が、2019年8月30日、日米政府間で交換され、改正議定書が同日付で発効しました。この改正議定書は2013年1月25日に署名され、日本では2013年6月17日に国会にて承認されていたものの、米国での上院による承認に時間を要したことから、署名から約6年7ヵ月後の発効となりました。

関連するコンテンツ

このニュースレターでは、改正議定書の適用開始時期及びこの改正議定書による日米租税条約の主な改正点の概要をお知らせいたします。

内容

  1. 適用開始時期
  2. 主な改正点

英語コンテンツ

Japan TAX Newsletter

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.