FASB - ASU第2019-06号「ASC Topic 350、Topic 805及びTopic 958:非公開企業ののれん及び一部の識別可能無形資産に関する会計処理の選択肢を非営利企業に拡大」を公表(英語)(米国基準)

FASB - 「非公開企業ののれん及び一部の識別可能無形資産に関する会計処理の選択肢を非営利企業に拡大」を公表

Defining Issues 19-12 - このDefining Issuesは、FASBが2019年5月30日に、ASC Topic 350「無形資産 - のれん及びその他」、Topic 805「企業結合」及びTopic 958「非営利企業」を改訂するASU第2019-06号を公表したことについて記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB extends private company alternatives to not-for-profits」を公表しました。

このASUは、企業結合で取得した一部の無形資産をのれんに含め、のれんを10年間にわたって償却し、契機となる事象が生じた場合に企業レベルまたは報告単位レベルでのれんの減損をテストするという選択肢を非営利企業にも認めるものです。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today