国税庁 - タックスヘイブン対策税制 連結納税規定等が適用される場合のQ&Aの公表

国税庁 - タックスヘイブン対策税制 連結納税規定等が適用される場合のQ&Aの公表

国税庁は、「連結納税規定等が適用される外国関係会社の適用対象金額等の計算方法等の改正に関するQ&A(情報)」を公表しました。

関連するコンテンツ

2019年度税制改正におけるタックスヘイブン対策税制の改正では、外国関係会社が連結納税規定やパススルー課税規定を適用している場合における外国関係会社の租税負担割合及び適用対象金額並びに内国法人における外国税額控除の規定に係る取扱いが整備されました。
今回公表されたQ&Aはこの改正に関連するもので、法令や通達に基づく解説や具体的な事例を用いた全13問のQ&Aが掲載されています。
このe-Tax Newsでは、Q&Aの主な内容についてお知らせいたします。

KPMG Japan e-Tax News No.175 掲載

e-Tax News

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today