開示事例にみる改訂CGコード対応の傾向分析

開示事例にみる改訂CGコード対応の傾向分析

本稿では、各上場会社の2018年12月末時点のコーポレートガバナンス報告書より、改訂コードへの対応・開示状況について、その傾向を紹介し、今後の上場会社の取組みの方向性について考察します。

関連するコンテンツ

この記事は、「中央経済社『Accounting 企業会計』2019年6月号」に掲載したものです。
発行元である中央経済社の許可を得て、あずさ監査法人がウェブサイトに掲載しているものですので、他への転載・転用はご遠慮ください。

2018年6月のコーポレートガバナンス・コード改訂において、当コードは全73原則から全78原則となりました。

執筆者

KPMGコンサルティング
林 拓矢

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today