金融庁、「記述情報の開示に関する原則」及び「記述情報の開示の好事例集」を公表

金融庁、「記述情報の開示に関する原則」及び「記述情報の開示の好事例集」を公表

ポイント解説速報 - 金融庁は、2019年3月19日、金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告(2018年6月28日公表)の提言を踏まえ、「記述情報の開示に関する原則」及び「記述情報の開示の好事例集」を公表しました。

関連するコンテンツ

ポイント

「記述情報の開示に関する原則(以下「開示原則」という。)は、いわゆる「記述情報」について、開示の考え方、望ましい開示の内容や取り組み方をまとめたものであり、経営方針・経営戦略等、経営成績等の分析、リスク情報を中心に、有価証券報告書における開示の考え方等を整理することを目的としています。

記述情報の開示に共通する、求められる事項及び期待されている事項として、(1)経営目線の議論(資本コスト等に関する議論を含む)の適切な反映、(2)重要性(マテリアリティ)、(3)セグメント情報及び(4)分かりやすさを掲げています。

有価証券報告書における「経営方針・経営環境及び対処すべき課題等」、「事業等のリスク」及び「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の開示について、それぞれ考え方と望ましい開示に向けた取組みについて整理しています。

「記述情報の開示の好事例集」(以下「好事例集」という。)では、開示原則に対応して、好事例として着目したポイントがコメントされています。

PDFの内容

  1. 開示原則の位置付け
  2. 総論
    記述情報の役割
    記述情報の開示に共通する事項
  3. 各論
    経営方針、経営環境及び対処すべき課題等
  4. 好事例集

参考情報へのリンク(外部サイト)

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

バックナンバー

サイト内の検索結果で、関連記事を一覧で表示します。「絞り込み検索」で年次別に絞り込むことができます。

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today