EUの関税情報 - 経済上の連携に関する欧州連合と日本との間の協定の発効

EUの関税情報 - 経済上の連携に関する欧州連合と日本との間の協定の発効

イタリアニューズレター - 2018年7月17日に欧州連合(EU)と日本の間で調印された「経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定」は、双方議会の批准手続きが完了し、2019年2月1日より発効されます。

関連するコンテンツ

この協定により、EUと日本の間で取引される物品の関税はほぼすべて廃止され、輸出入の時間とコストの削減を通じて市場へのアクセスが向上します。

日本の輸出業者にとっては、自動車や部品、機械、化学製品、電子機器などの工業製品分野における関税の段階的削減または完全撤廃が主なメリットであり、EUの輸出業者にとっては、主に農業、飲料、テキスタイル、アパレル、皮革製品の分野においてメリットがあります。

より詳細な情報につきましては、Trade & Customs Italian Update(伊語)に記載のKPMGイタリアの関税専門チームをご紹介しますので、いつでもご連絡ください。

Trade & Customs Italian Update(伊語PDF:56kb)
Japan: Economic Partnership Agreement with EU(英語)

イタリアニューズレター

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today