Mobility Ecosystem 2030

Mobility Ecosystem 2030

2018年9月19日に東京で開催されたKPMG GJP Forumのセミナー資料です。

関連するコンテンツ

車や電車といった移動手段を含むモビリティー社会が、特に大都市部において2030年には大きく変貌すると言われています。欧州においては、2017年7月にフランス、次いで英国が2040年までにディーゼル/ガソリン車の販売禁止を表明したことをうけ、EV(電気自動車)への注力を中心として自動車産業に大きな変化が訪れようとしています。また、様々な関連技術の進歩により、コネクティッドカーやシェアリングエコノミー、さらにはAutonomous(自動運転車)など、都市交通を取り巻く環境は、今後大きく様変わりすることが予想されます。

KPMGでは、このようなモビリティー社会の革新をトリガーとして、自動車産業のみならず多くのビジネスが、変革を迎えると分析しています。

また、このようなモビリティー社会の変革の背景には、再生可能エネルギーを中心とした欧州におけるエネルギー産業の変化が重要な要素として、密接に関係していると考えられます。

本資料では、このようなMobility Ecosystemの変化とその背景にあるエネルギー産業の変化、またそれらの将来像について説明しています。

詳細につきましては、セミナー資料をご参照ください。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today