金融庁、有価証券報告書における記述情報の充実等を求める「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府 | KPMG | JP
close
Share with your friends

金融庁、有価証券報告書における記述情報の充実等を求める「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」を公布

金融庁、有価証券報告書における記述情報の充実等を求める「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府

会計・監査ニュースフラッシュ - 金融庁は2019年1月31日、有価証券報告書の記載に関連する「企業内容等の開示に関する内閣府令」を改正するとともに、改正案に対するパブリックコメントの結果を公表しました。なお、パブリックコメントを受けて、役員の報酬等に係る記載内容の追加等、改正案から一部修正が行われています。

関連するコンテンツ

1.主な改正内容

2018年6月に公表された金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告において、「財務情報及び記述情報の充実」、「建設的な対話の促進に向けた情報の提供」、「情報の信頼性・適時性の確保に向けた取組」に向けて、適切な制度整備を行うべきとの提言がなされました。
当該提言を踏まえた、有価証券報告書等の記載事項の改正内容は、以下の通りとなります。

  • 財務情報及び記述情報の充実として、MD&Aやリスク情報について、経営者の認識の記載が求められる
  • 建設的な対話の促進に向けた情報の提供として、役員報酬及び政策保有株式の開示の拡大が求められる
  • 情報の信頼性・適時性の確保に向けた取組として、監査役会等の活動状況、監査法人による継続監査期間、ネットワークファームに対する監査報酬等の開示が求められる

2.適用時期等

  • 「建設的な対話の促進に向けた情報の提供」等については2019年3月31日以後に終了する事業年度に係る有価証券報告書等から適用
  • 「建設的な対話の促進に向けた情報の提供」以外は2020年3月31日以後に終了する事業年度に係る有価証券報告書等から適用(2019年3月31日以後に終了する事業年度に係る有価証券報告書等からの適用可)

3.PDFの内容

  1. 本改正の内容
  2. 財務情報及び記述情報の充実
  3. 建設的な対話の促進に向けた情報の提供
  4. 情報の信頼性・適時性の確保に向けた取組
  5. その他の改正
  6. 適用時期等

参考情報へのリンク(外部サイト)

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信