close
Share with your friends

サイバーセキュリティサーベイ2018

サイバーセキュリティサーベイ2018

KPMGコンサルティングは、企業のサイバーセキュリティ対策の実態を明らかにすることを目的に、国内の上場企業および大手未上場企業を対象に、アンケート調査「サイバーセキュリティーサーベイ」を実施しました。

関連するコンテンツ

RPAやIoT、AIなどのテクノロジーの普及に加え、働き方改革によるリモートワーク導入の拡大など、テクノロジーを活用した新しいビジネスモデルが創出されている中、サイバー攻撃が高度化する一方で、セキュリティ人材の不足など、企業におけるセキュリティ対策が万全とは言えない状態であることが明らかになりました。
こうした企業を取り巻く状況を踏まえて、本レポートでは、企業におけるセキュリティ被害の実態と対策の実情、企業が抱える課題についてまとめています。

内容

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 実態:セキュリティ被害の実態と対策の実情
  3. 課題1:見えない対策のゴール
  4. 課題2:セキュリティ人材の不足
  5. 課題3:制御セキュリティ・クラウドへの取組み
  6. 課題4:専門組織の設置と実践的訓練

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.