EU義務的開示ルール

EU義務的開示ルール

2018 年5月25日、欧州連合理事会は新しい義務的開示ルール(MDR:Mandatory Disclosure Rules)を正式に承認しました。これにより、EU仲介者(一定の場合には、関連納税者)に、報告対象クロスボーダーアレンジメントの情報を税務当局に開示することが求められることになります。

関連するコンテンツ

このニュースレターでは、この新しいEU義務的開示ルールの概要及び日本企業の観点からの留意点をご紹介いたします。

内容

  1. EU義務的開示ルールの導入の背景
  2. EU義務的開示ルールの概要
  3. 留意点

英語コンテンツ

Japan TAX Newsletter

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today