ASBJ、実務対応報告第37号「実務対応報告第34号の適用時期に関する当面の取扱い」を公表

ASBJ、実務対応報告第37号「実務対応報告第34号の適用時期に関する当面の取扱い」を公表

会計・監査ニュースフラッシュ - 企業会計基準委員会(ASBJ)は、2018年3月13日に実務対応報告第37号「実務対応報告第34号の適用時期に関する当面の取扱い」を公表しました。

関連するコンテンツ

本実務対応報告は、ASBJが2017年3月29日に公表した実務対応報告第34号「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い」(以下「実務対応報告第34号」という。)における適用時期に関する当面の取扱いを示すことを目的としています。

ポイント

  • 実務対応報告第34号は、退職給付債務等の計算において、割引率の基礎とする安全性の高い債券の支払見込期間における利回りが期末においてマイナスとなる場合、利回りの下限としてゼロを利用する方法とマイナスの利回りをそのまま利用する方法のいずれも認めることを、当面の取扱いとして定め、2017年3月31日に終了する事業年度から2018年3月30日に終了する事業年度までに限って適用することとし、2018年3月31日以後に終了する事業年度に関しては、引き続き検討を行うこととしていました。
  • 本実務対応報告では、実務対応報告第34号における適用時期に関して、2017年3月31日に終了する事業年度から、上記のいずれの方法によっても退職給付債務の計算に重要な影響を及ぼさず、当該取扱いを変更する必要がないとASBJが認める当面の間、適用することとされています。
  • 実務対応報告第34号の適用時期に関する本実務対応報告は、公表日(2018年3月13日)以後適用することとされています。

参考情報へのリンク(外部サイト)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

会計・監査ポイント解説速報

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today