IFRS第16号 - リース新基準の移行のオプション (英語) | KPMG | JP
close
Share with your friends

IFRS第16号 - リース新基準の移行のオプション (英語)

IFRS第16号 - リース新基準の移行のオプション (英語)

IFRS第16号「リース」では、移行のオプション及び実務上の便法に関する企業の選択が、実務適用プロジェクトのコスト及び時期に著しい影響を及ぼします。また、今後数年間にわたって企業の財務諸表にも影響を及ぼします。

関連するコンテンツ

チェスの駒

IFRS第16号「リース」の適用日が迫っています。各社は大きな決断をしなければならず、それは今後長期にわたり影響を及ぼすことになります。本冊子は、各社が最適な選択を行うために役立つでしょう。

本冊子は、移行のオプション及び実務上の便法について、その概要を示し、それらがどのように財務諸表に影響を与えるかを解説しています。多様なオプションが、ある架空の企業にどのような影響を与えるかという包括的なシミュレーションの例示も記載しています。

オプションの多様な選択肢

新基準は、借手に様々な移行のオプション及び実務上の便法があることが特徴となっています。その多くは、それぞれ別々に選択することができます。一部はリース毎に選択することも可能です。
すなわち大企業では、選択肢の組み合わせが膨大な数に上る可能性があります。リースのポートフォリオが比較的小さい企業であっても、多様な移行のオプションを有することになります。

意思決定は今後長期にわたり影響

移行に際して行わなければならない選択の多くは、コストと比較可能性とのトレードオフを伴います。つまり、移行コストを簡素化し軽減するオプション及び実務上の便法は、財務情報の比較可能性を低下させる傾向があります。
これは移行年度及び移行時に契約していたリースの期限が到来するまで何年にもわたって財務諸表に影響を与える可能性があります。

最善のオプションのシミュレーション

最も適切な移行のオプションを選択するのには慎重な検討が必要であり、代替的なアプローチの詳細なシミュレーションも必要となります。

内容

  1. 最善のオプションの選択
  2. IFRS第16号の概要
  3. リースの識別
  4. 遡及適用と修正遡及適用
  5. 修正遡及適用
  6. その他の移行のシナリオ
  7. 開示
  8. 適用日
  9. IFRSの初度適用
  10. 次のステップ

Appendix - 設例

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信