close
Share with your friends

合併以前に取得したブランド名の減価償却について

合併以前に取得したブランド名の減価償却について

India News - 所得税裁判所は、「合併以前に取得したブランド名は減価償却可能」という見解をしましました。

関連するコンテンツ

先ごろ、チェンナイの所得税裁判所は、Emerald Jewel Industry India Ltd(納税者)の案件において、「納税者は、ブランド価値の償却費を損金算入できる」という見解を示しました。その理由は、単にブランド名の取得後の合併は、納税者がブランド名を取得した事実を打ち消す根拠とはならないためです。合併前に納税者が銀行ルートを通じて支払いをすることによりブランド名を取得した場合には、納税者は、損金算入することができます。
Flash Newsの詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
Brand name acquired before amalgamation is eligible for depreciation(English PDF:328kb)

担当者:笠間 智樹、大谷 尚功

India News

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)