close
Share with your friends

FASB - 製造開始前コストに関するガイダンスの維持を決定

FASB - 収益認識に関する新基準が税金に及ぼす影響

Defining Issues 16-33 - FASBは2016年10月19日に開催された会議において、長期供給契約に関連する製造開始前コストの資産計上に関する現行のガイダンスを維持しながらも、アウトリーチ活動を実施して追加的な変更を提案するべきか決定することで合意しました。

関連するコンテンツ

内容

  1. 現行の資産計上に関するガイダンス
  2. セール・アンド・リースバックに関する論点
  3. 収益認識に関する基準書との相互関連
  4. 今後の展望

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)