Back to Back 原産地証明書(連続する原産地証明書)(Back to Back Certificate of Origin)

Back to Back 原産地証明書(連続する原産地証明書)

たとえば、ASEAN諸国(当初輸出国)を原産地とする貨物を、一旦シンガポール(中継地国)に集めて、一括して日本(仕向地国)に運送するといった場合に、中継地国で加工等が行われず当初輸出国から輸出されたまま原産性が保たれていると認められるときには、中継地国によっては、当初輸出国で発行された原産地証明書に基づいて、その原産性が維持されていることを証明する証明書を発行することが可能である。この中継地国において発行される証明書をBack to Back原産地証明書という。

関連するコンテンツ

この原産地証明書があれば、その貨物が日本へ輸出される場合、中継地国を経由していても、その貨物の原産地が当初輸出国であることが証明される。このBack to Back原産地証明書は、ASEAN日本経済連携協定や、ASEAN中国自由貿易協定、ASEAN自由貿易協定などで認められている。

© 2021 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2021 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today