close
Share with your friends

IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の影響 - 建設業

IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の影響 - 建設業

本ニューズレターは、2014年5月28日に公表されたIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」のコア原則である5つのステップの検討にあたり、建設業を営む日本企業が直面すると想定される課題のうち、工事契約の収益認識単位及びタイミング、 契約変更、契約獲得コストを紹介しています。

関連するコンテンツ

内容

  1. 収益認識の5つのステップ
  2. 工事契約の収益認識単位及びタイミング
  3. 契約変更
  4. 契約コスト

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.