close
Share with your friends

オピニオン 地政学的リスクの高まりに備える

オピニオン 地政学的リスクの高まりに備える

近年、主要国の力関係が変化してきていると言われていますが、それを物語るような出来事が発生しつつあります。例えば、ロシアのクリミア半島の編入、イスラエルとパレスチナ自治政府との和平交渉の中断、中国とベトナムの関係等です。

関連するコンテンツ

日本においては、中国との関係や朝鮮半島の情勢等、東アジアの環境変化を踏まえ、集団的自衛権の憲法解釈の議論が活発になってきています。世界にはこのほかアフリカ内戦、シリア地峡とアラビア半島諸国の関係、アフガニスタン問題等多くの地政学的リスクが存在しています。世界のパワーバランスが変化しつつあるなか、グローバル化が進む民間企業においても、これまで以上に地政学的リスクを考慮した危機管理が必要となるでしょう。

内容

  1. 地政学的リスクの高まりに備える

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
パートナー 伊集院 正

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.