単体開示の簡素化に伴う附属明細書ひな型の改正

単体開示の簡素化に伴う附属明細書ひな型の改正

(平成26年4月2日 日本公認会計士協会)日本公認会計士協会より、平成26年3月の単体開示簡素化のための財務諸表等規則等の改正に対応するための、会計制度委員会研究報告第9号「計算書類に係る附属明細書のひな型」の改正が公表されました。本改正では、引当金の明細について、財務諸表等規則で新設された特例財務諸表提出会社の引当金明細表に合わせた新様式が追加されています。

関連するコンテンツ

主な改正内容

引当金の明細については、従来の様式(当期減少額の欄を区分する記載)と追加された新様式(当期減少額の欄を区分しない記載)のいずれかの様式により作成するものとされました。

参考:当期減少額の欄を区分しない記載(新設)

科目 当期首残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高
 
         

参考情報へのリンク(外部サイト)

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

企業会計の最新情報

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today