close
Share with your friends

GRCツール導入最前線!経営に「効く」活用方法とは?

GRCツール導入最前線!経営に「効く」活用方法とは?

企業が抱えるリスクは日々多様化、複雑化している。それに伴いリスクを管理する機能が多層化・複雑化しており、リスクの対応に係るコストが増加する要因となるだけでなく、経営者をはじめ、リスク管理部門や内部監査部門が得る情報の重複・分散を招き、最適な意思決定の妨げになる可能性がある。

関連するコンテンツ

このような課題に対応するため、GRCの考え方を導入し、リスク管理、ガバナンス、コンプライアンス対応を一元的に管理し、最適化を目指す企業が増えている。
GRCツールの導入にあたっては、その特徴を踏まえたうえで企業の利用目的に合ったツールを選択することが必要である。

内容

  1. GRCおよびGRCツールとは
  2. GRCツールの種類
  3. GRCツールの導入事例
  4. 経営に「効く」GRCツールの活用に向けて

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
ディレクター 林 拓矢

リスクマネジメント解説

© 2020 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved. © 2020 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG network of independent member firms affiliated with KPMG International Cooperative (“KPMG International”), a Swiss entity. All rights reserved.