IFRS任意適用会社の傾向分析

IFRS任意適用会社の傾向分析

IFRSの任意適用要件が緩和され、いわゆる海外展開要件がはずれたことで、IFRSを適用できる「特定会社」の要件を満たす可能性のある会社は4,000社程度に広がっています。2013年11月現在でIFRSの任意適用会社は17社(四半期決算からの開示も含む)となりました。これら任意適用の会社および今後IFRS適用を公表している会社は、どのような特徴があるのでしょうか。

関連するコンテンツ

現在の日本におけるIFRSを取り巻く環境を分析するとともに、IFRSの任意適用会社の開示資料から読み取れる財務数値および基礎数値等を使って、その傾向を分析します。
また、IFRS任意適用会社の傾向分析を踏まえ、今後IFRSの適用の要否およびそのタイミングを考えていくうえで考慮すべき事項は何かを解説したいと思います。

内容

  1. 日本における IFRS の適用環境の変化
  2. IFRS 任意適用会社の傾向分析
  3. その他のIFRS 適用に係る考慮事項
  4. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
アカウンティングアドバイザリーサービス事業部
パートナー 吉野 征宏

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.


For more detail about the structure of the KPMG global organization please visit https://home.kpmg/governance.

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)

Myページへ

会員登録すると、興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示され、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。

Sign up today