close
Share with your friends

株式公開(IPO)

株式公開(IPO)

株式公開(IPO)とは、自社の株式を証券市場の取扱銘柄とし、証券市場を通じて投資家が自由に売買できるようにすることをいいます。このように広く一般投資家が株主となることは、会社が"個人企業"から"社会的な存在"に生まれ変わるということを意味するものといえます。

関連するコンテンツ

すなわち株式公開は、企業の成長とイノベーションを図るための経営戦略上の重要な手段として、豊富な資金力と社会的信用を獲得し、一流企業への仲間入りをする基本ステップであるといえます。

株式公開の対象となる証券市場には、東京証券取引所の1部、2部、JASDAQ(一定の事業規模と実績を有する成長企業を対象とした「スタンダード」、特色ある技術やビジネスモデルを有し、より将来の成長可能性に富んだ企業群を対象とした「グロース」の2つが存在)、新興成長企業向けのマザーズ及び大阪等の取引所市場があります。株式公開市場の多様化により、中堅・ベンチャー企業にとって公開企業への道が拡大し、一般投資家からの資金を元にさらなる成長へ進むチャンスが拡大しました。

現在、金融庁の金融審議会で東京証券取引所の市場区分の見直しが進められており、再編案では現状の4市場を、(1)主に大企業中心の東証1部から構成する「プライム」(仮称)(2)中堅企業中心の東証2部とJASDAQ銘柄の一部で構成する「スタンダード」(同)、(3)主に新興企業中心のマザーズとJASDAQから構成する「グロース」(同)の3市場に再編する形になっています。

お問合せ

 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)