サステナブル経営における最新トレンドと求められる対応~TCFD開示対応への経営管理プラットフォーム活用術~

【外部講演】2022年6月16日(木)15:00~16:00

【外部講演】2022年6月16日(木)15:00~16:00

【外部講演】BlackLine主催セミナーにあずさ監査法人ディレクター神山清雄が登壇します。  

ESGの要素が将来の企業価値に大きく影響するとの認識の高まりに応じて、欧州委員会やIFRS財団などが、サステナビリティ情報の開示基準の開発をすすめています。中でも先行する気候変動関連情報を皮切りに、今後、企業価値への影響が大きいサステナビリティのテーマについて年次報告する実務が到来することもそう遠くないと考えられます。

当セッションでは、サステナビリティ情報の開示に関する基準設定主体の動向を説明するとともに、プライム市場で上場会社の多くが取り組むTCFD提言に沿った気候変動関連情報の開示実務についてご説明します。
また、デジタルプラットフォームの一つの活用例として、気候変動関連情報の開示について、基礎情報の収集から開示文案作成までのプロセス、さらにKPI設定・管理などの一連の経営管理業務をデジタルプラットフォーム上で行うイメージをデモも含めてご説明します。

 

開催概要

主催:ブラックライン株式会社
日時:2022年6月16日(木)15~16時(60分)
型式:Zoomによるオンライン配信
対象:CFO、経理、経営企画、広報、サステナビリティ関連部署、CXO、IRの方
料金:無料
定員:1,000名

※ブラックライン株式会社の申込サイトに遷移します。

お問合せ先
ブラックライン株式会社マーケティング本部(担当:岡上)
Email:anru.oaue@blackline.com

informative image