今、向き合うべきHRデータの価値~データマネジメント×人事戦略

2022年6月6日(月)

2022年6月6日(月)

【オンラインセミナー】コーポレートガバナンス・コードの改訂など人的資本の重要性が高まる中、 データを活用した人事戦略について解説します。

ご要望を受け、本セミナーのアーカイブを公開しています。
本ページ下部のリンクより会員登録をしていただくと、ご視聴いただけます。

テクノロジーの進化、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響、人的資本の重要性の高まり等の環境変化の中、企業の人事部門リーダーは今、大きな変革を求められています。これまでの採用・配置・育成といった、「人材マネジメント」施策の効率化・高度化だけではなく、人事部門の在り方そのものの変革が求められていると言えるでしょう。変革にはトップの意思・意識改革等のソフト面、制度やシステムといったハード面双方の取組みが必要ですが、すべての土台となる“データ”をどう扱うかが重要なテーマとなります。

本セミナーでは、人事領域におけるデータの特徴も踏まえながら、人事戦略とデータをいかに効果的に紐づけていくか、人事領域におけるデータマネジメントの考え方を解説します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社の人事部門変革の一助となれば幸いです。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
初回配信開始:2022年6月6日(月)※現在もアーカイブ配信中。
視聴時間:約60分
受講料:無料
対象:人事、経営企画部門、IT・デジタル関連ご担当の方
主催:KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:人事を取り巻く環境と変革の必要性(約15分)
講師:KPMGコンサルティング パートナー 大池 一弥

近年、CGC(コーポレートガバナンス・コード)の改訂やISO30414の登場等にみられるように、人的資本を含む非財務情報の重要性が高まっており、企業人事に求められる要求は大きく変化していると言えます。本セッションでは、そういった外部環境変化の中で、人事部門が今後取り組むことが期待されるテーマのポイントと、それに伴うHRデータの重要性を解説します。

セッション2:データとアルゴリズムの力~数理的手法でビジネス課題を解く(約15分)
講師:KPMG Ignition Tokyo ドメインリーダー 大山 遼

本セッションでは、最新のデジタル技術の知見を活かし、企業のデジタルトランスフォーメーションを促進させることを使命としているKPMG Ignition Tokyoより、数理的手法で課題を解決し、ビジネスを変革するアプローチについて、ポイントを解説します。

セッション3:人事領域におけるデータマネジメントの重要性とポイント(約30分)
講師:KPMGコンサルティング アソシエイトパートナー 松成 哲弥

人事領域におけるデータは、紙・表計算ソフト等での管理のものが多くあり、また、「秘匿性が高い」「テキストデータが多い」「可変性がある」等の特徴があるため、活用段階は発展途上であると言えます。本セッションでは、人事の現場で起こりがちなデータ活用の課題とともに、人事戦略とデータをいかに紐づけ活用していくのか、人事領域におけるデータマネジメントの重要性とポイントを解説します。

セミナーの視聴には会員登録が必要です。ご登録いただくと、本セミナーに限らず、会員制サイト内で公開されている複数のセミナーをご視聴いただけるようになります。
ぜひ、ご登録ください。
会員登録後は、本ページ下部の「ログインをして視聴する」よりログインいただくことでご視聴いただけます。

informative image