未来志向経営のためのインサイト構築の重要性

オンデマンド配信:2022年5月27日(金)13:00~6月25日(土)17:00/ライブ配信:終了しました

オンデマンド配信:2022年5月27日(金)13:00~6月25日(土)17:00/ライブ配信:終了しました

【オンラインセミナー】先進的計画プラットフォームによる事業計画統合の推進とデータアナリティクス活用について解説します。

コロナ時代を乗り切るためには、ITの活用によるデジタル化の推進が欠かせません。
企業を取り巻く環境は激変しており、不確実性の高い時代だからこそ、厳しい経営環境のなかでの現状把握と施策の立案を行うためにデジタル化の推進が重要であり、既存のビジネスモデルにおける事業単位での採算性やコスト構造の可視化に加えて予測と分析が必要になります。
本セミナーでは、精緻なデータ分析に基づく新しい意思決定モデルやテクノロジーの紹介を通じ、経営管理のための情報基盤構築に向けた示唆および方向性を提示するとともに、計画プラットフォームとしてのBoardの有用性と統合業績管理モデルを紹介します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社の経営管理の一助となれば幸いです。

開催概要

配信方法:ライブ配信、オンデマンド配信
ライブ配信
・公開期間:2022年5月26日(木)10:00~11:00
・申込受付期間:2022年5月26日(木)10:00まで
オンデマンド配信
・公開期間:2022年5月27日(金)13:00~6月25日(土)17:00
・申込受付期間:2022年6月24日(金)23:55まで
視聴時間:約50分
受講料:無料(事前登録制)
対象:経営企画、経理・財務部門の方
主催:Board Japan、KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:Boardが考える経営管理DX~経営ダッシュボードと統合事業計画(IBP)(約20分)
講師:Board Japan シニア セールス 須藤 剛 氏

企業経営において適切かつ迅速な意思決定を行うためには、PDCAサイクルにおいて、組織間・各ビジネスプロセス間の整合性を確保しながら進めることが必要になります。
また、経営管理指標の設定を行い、計画と実績との乖離を分析し改善を見出すことも必要です。 "Board"はIBP(統合事業計画)の観点を基に、柔軟かつ高度な計画策定・見える化機能を提供することで、スプレッドシートの限界を超えて、さらに経営管理DXを推進することが可能になります。本セッションでは、"Board"の製品概要やユーザ事例を紹介します。

セッション2:KPMG Data Analytics & Insight(ツール紹介)(約30分)
講師:KPMGコンサルティング マネジャー 平間 英明/マネジャー 水野 真紀子

不確実性の高い経済環境において、迅速に適切な経営判断、意思決定を行っていくには、事業・部門・製品などの細かなセグメント単位での業績管理が必要です。そのためには、これらの膨大な事業データをリアルタイムに収集・集計し、また新しいテクノロジーの登場により利用可能となった非財務および外部データを利用することで、迅速な経営判断に足る情報提供力の拡充が求められます。損益に関する情報だけでなく経営の意思決定に必要な経営指標(KPI)を可視化し、事業戦略および全社戦略に基づく意思決定を行うための情報基盤が必要です。本セッションでは、KPMGが考えるデータアナリティクス&インサイトの考え方と経営管理基盤を実現するためのツールを紹介します。

※Board Japanの申込サイトへ遷移します。
※公開日にご視聴用URLをメールにてお送りいたします。
(翌日になってもメールが届かない場合はお問合せ窓口までご連絡ください。)
※希望者多数の場合は抽選制とさせていただきます。また、個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※通信環境や企業のセキュリティ設定によっては、ご視聴いただけない場合もございます。

お問合せ先
Board Japan株式会社 営業本部
Email : info.jp@board.com

informative image