サイバー攻撃の最新事情~事前の対策、レスポンス、サプライチェーン

2022年4月25日(月)

2022年4月25日(月)

【オンラインセミナー】サイバー攻撃の傾向と対策、被害を受けた際の対応、サプライチェーンリスクについて最新動向をふまえ解説します。

激動の国際情勢やリモートワークの拡大などを背景に、企業が直面するサイバー攻撃の脅威はかつてないほど高まっています。ひとたび被害を受けると組織の屋台骨を揺るがしかねず、適切な防御・対応は喫緊の課題です。
本セミナーでは、サイバー攻撃の傾向と対策、被害を受けた際にとるべき「インシデントレスポンス」、サプライチェーンリスクについて、KPMGコンサルティングのプロフェッショナルが最新動向をふまえ解説します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社のリスク対策の一助となれば幸いです。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
配信開始日:2022年4月25日(月)
視聴時間:約60分
受講料:無料(事前登録制)
対象:経営企画、事業企画・管理、IT・情報セキュリティ、リスクマネジメント部門の方
主催:KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:最新サイバー攻撃の傾向と対策 (約20分)
講師:KPMGコンサルティング パートナー 薩摩 貴人

本セッションでは、DXやリモートワークの進展に伴う劇的な環境変化がもたらしたサイバー脅威の動向とその対策について、KPMGが実施したサーベイの結果を交えて解説します。さまざまな国際情勢に関連したサイバー攻撃への備えとして企業が取るべきアクションについても考察します。

セッション2:インシデントレスポンスのリアル(約20分)
講師:KPMG FAS パートナー 上原 豊史

本セッションでは、被害が急拡大しているランサムウェア攻撃を受けた際の現場のリアルな状況を説明します。「重要データが外部へ流出すると、どのような事態に陥るのか」「被害を受けた後、いかに対応すべきか」に加え、今後の攻撃に備えるべく、今すぐ実施しておきたい対策についても解説します。

セッション3:サプライチェーン攻撃と対策(約20分)
講師:KPMGコンサルティング シニアマネジャー 保坂 範和

本セッションでは、昨今の経営リスクとなっているサプライチェーンを狙ったサイバー攻撃について、最新の脅威の動向、日本企業のセキュリティ対策状況、および海外の先進的な取組みについて紹介します。サプライチェーン攻撃の代表例である、工場を狙ったランサムウェア攻撃に対するセキュリティ対策の重要ポイントについても考察します。

セミナーの視聴には会員登録が必要です。ご登録いただくと、本セミナーに限らず、会員制サイト内で公開されている複数のセミナーをご視聴いただけるようになります。ぜひ、ご登録ください。
会員登録後は、本ページ下部の「ログインをして視聴する」よりログインいただくことでご視聴いただけます。

こちらは「KPMG Japan Insight Plus」会員限定コンテンツです。
下記よりログイン・会員登録の上、お申込みください。
informative image