年金ガバナンス高度化セミナー ~ガバナンスコード対応・企業価値向上のための組織対応~

2021年11月1日(月)~12月1日(水)17:00

2021年11月1日(月)~12月1日(水)17:00

【オンラインセミナー】年金資産運用に関する環境変化、年金運用ガバナンスに関する各企業の対応状況、確定給付企業年金および確定拠出年金に関するガバナンスのあり方と実務を中心に解説します。

2019年のコーポレートガバナンス・コードの改正によって企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮が求められ、今年6月には当コードの改訂が行われました。また、昨今のSDGs(持続的成長目標)やESG、社会的責任投資等への関心の高まりも注目されるところです。もちろん、確定給付企業年金の資産運用が企業財務に与える影響はまだまだ大きいため、資産運用リスクをはじめとした企業年金のリスク管理も重要な課題です。企業は、これらの環境を踏まえ、適切な対応を行う必要があります。

一方で、KPMG/あずさ監査法人の調査によれば、企業年金の資産運用体制については、マネジメントに対する資産運用状況の適時適切な報告、年金運用担当人材の組織的な育成、運用機関選任に関する利害相反管理、といったさまざまな課題があることが判明しています。

このような状況を踏まえ、本セミナーでは下記のポイントを中心に解説します。

  • 年金資産運用に関する環境変化(ガバナンスコード等の改正、資産運用環境など)
  • 年金運用ガバナンスに関する各企業の対応状況
  • 確定給付企業年金(DB)に関するガバナンスのあり方と実務
  • 確定拠出年金(DC)に関するガバナンスのあり方と実務


なお、本セミナーは昨年11月に開催した同タイトルのセミナーの内容を一部更新
し、ガバナンスコードの改定等の直近の情報もご紹介します。

お申込みはこちら

 

個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報の利用目的等につきましては、個人情報保護方針をご覧ください。
個人情報保護方針

※お申込みいただいた方には、配信開始日に、ご登録いただいているアドレス宛に「視聴方法のご案内」メールをお送りします。
(メールはドメイン名「@mail.gigacast.tv」で配信されます。メールが届かない場合はお問合せ窓口までご連絡ください。)
※コンサルティングファーム、同業他社様などのお申込みはご遠慮いただいております。
※本セミナーは、ロゴスウェア(株)のGigaCastを用いて動画配信を行います。また、インターネット環境や回線状況により、アクセス不良が生じる場合や、音声・画像が途切れるなどご視聴いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
公開期間:2021年11月1日(月)~12月1日(水)17:00
(期間内であればいつでも何度でもご覧いただけます。部分視聴も可能です。)
視聴時間:約90分
対象:企業年金を実施している企業の人事労務部門、財務経理部門、経営企画部門の方
受講料:無料(事前登録制)
主催:あずさ監査法人

プログラムに関するお問合せ

有限責任 あずさ監査法人
ファイナンシャルサービス本部
担当:吉岡、松下、五十嵐
e-mail : financialservices@jp.kpmg.com

お問合せ窓口

informative image