Automotive Sustainability Seminar ~自動車業界における脱炭素への取組み~

2021年6月23日(水)~11月30日(火)予定

2021年6月23日(水)~11月30日(火)予定

自動車業界においては、カーボンニュートラルへの対応をはじめとして、サステナブル経営へのシフト、対応が急務となっています。KPMGジャパンでは、業界におけるサステナビリティへの取組みをテーマに、オンラインセミナーをシリーズ展開いたします。

本セミナーシリーズでは、第1弾として、2021年2月、サステナブルな企業経営をテーマに開催したKPMGフォーラム2020での「サステナビリティを戦略の中核に据える」および「業界別ESG対応の最新動向」のセッションを再編集にて配信を行い、第2弾以降は、業界動向、ESG等、各論からのアップデートを配信してまいります。この不確実性の高い事業環境下で自動車業界の変革を推進する皆様に、KPMGの考察を解説いたします。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
配信期間:2021年6月23日(水)~2021年11月30日(火)17:00予定
     ※期間内であればいつでも何度でもご覧いただけます。
視聴方法:以下のプログラム内の視聴リンクをクリックしてください。
受講料:無料
対象:自動車業界に関わる皆様

プログラム

1.サステナビリティを戦略の中核に据える(約45分)

サステナビリティ重視の潮流は史上最大のパラダイムシフトです。地球上の様々な問題を解決し未来に繋げるために、今やビジネスを通じたサステナビリティへの寄与が求められています。非連続で不安定な未来への道を柔軟、機敏、強靭に進んでいくには、サステナビリティを中核とする戦略が必要です。本セッションでは、サステナビリティをいかに戦略に織り込むかを考察します。

※KPMGフォーラム2020でのライブ配信では、視聴者の皆様よりサステナブル経営におけるアンケートにご回答いただきました。その結果を含めてご覧いただきます。

あずさ監査法人 エネルギー・インフラストラクチャー事業室 室長 兼
KPMG IMPACTプロジェクト統括リーダー
関口 美奈

2.業界別ESG対応の最新動向(約15分)

2020年末、現政権の2050年に向けたカーボンニュートラル宣言をうけ、政府よりグリーン成長戦略の指針が出されました。しかしながら日本より先進しているといわれる各国のカーボンニュートラルの定義は、各国の状況により一定的ではありません。EV化とは何か。脱炭素化による自動車業界のライフサイクル、また日本が従来から省エネに取り組んできたノウハウはどうなるのか。世界の潮流を押さえつつも、我が国と企業はどう戦っていくかを考察します。

なお、今後の当セミナーシリーズでは、当セッションを更に掘り下げて解説していく予定です。

KPMGジャパン 自動車セクター
KPMG FAS パートナー
井口 耕一

KPMGジャパン 自動車セクター
KPMGコンサルティング パートナー
犬飼 仁

あずさ監査法人 TCFD/タクソノミー担当 テクニカル・ディレクター
加藤 俊治

※ 動画URLの転載、転送はご遠慮ください。
※ 配信は動画共有サービス「Vimeo」を使用しています。
※ 推奨ブラウザはGoogle Chrome最新バージョンです。
※ 視聴環境についての詳細は Vimeo公式サイトにてご確認ください。

お問合せ窓口

informative image