close
Share with your friends

ESG時代に必要なサードパーティリスク管理とは ~DXを活用した高度化の実践

2021年6月23日(水)~7月7日(水)

2021年6月23日(水)~7月7日(水)

【オンラインセミナー】ESG時代におけるサードパーティリスク管理の高度化・デジタル化について、最新動向や対応ポイントを解説します。

近年のグローバル化や事業活動の複雑化に伴い、企業のサードパーティ(取引先)への依存度は高まる傾向にあります。一方、サードパーティによるトラブルや不祥事が、自社のビジネスに多大な影響を及ぼす事態も多発しています。また、こうした事態への対応として、単なる事業上の解決だけではなく、ESG(環境・社会・ガバナンス)面を考慮した対策を講じることも、企業には求められています。
このような背景から、自社を取り巻くサードパーティをより精緻に、より効率的に管理することがますます重要となっています。
本セミナーでは、サードパーティリスクにかかわる昨今の潮流と実務上の課題について紹介し、DX活用も含めた管理高度化のアプローチについて解説します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社のサードパーティ管理の高度化の一助となれれば幸いです。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
公開期間:2021年6月23日(水)~7月7日(水)
視聴時間:約60分
受講料:無料(事前登録制)
対象:調達・購買、総務、情報システム、デジタル関連、リスク管理、経営企画、内部監査部門の方
主催:KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:サードパーティリスクにかかわる昨今の潮流(約15分)
講師:KPMGコンサルティング ディレクター 土谷 豪

従来のサードパーティ管理は、与信の観点によるリスク管理が中心でしたが、近年はESGへの意識の高まりを受け、責任あるサプライチェーンの構築や、ESGの観点を踏まえたサードパーティ管理が求められています。本セッションでは「サードパーティリスクとは何か」「なぜサードパーティリスクを管理することが重要課題となっているのか」について改めて考察し、昨今の規制動向やトラブル事例を解説します。

 

セッション2:サードパーティリスク管理における課題と対応のポイント(約15分)
講師:KPMGコンサルティング マネジャー 佐藤 悠花子

サードパーティリスク管理の必要性は高まっているものの、実際に多くの企業では、「できるところから」「やりやすいところ」への管理に偏っており、十分なリスク対策ができているとは言えません。また、手作業による管理負担が大きく、非効率な業務プロセスになっているケースも散見されます。これらを踏まえ、本セッションでは、管理上の課題の本質は何か、どのような対応策を採るべきかについて考察します。

 

セッション3:デジタルツールを用いた取引情報の一元化(約15分)
講師:KPMGコンサルティング シニアマネジャー 三宅 佑輔

サードパーティ管理の高度化にあたっては、デジタルツール活用による取引情報の可視化、一元管理を推進することが重要です。本セッションでは、支出管理プラットフォームを用いた取引情報可視化の重要性、およびオペレーションにおけるリスク管理アプローチについて解説します。
 

セッション4:外部データを用いたサードパーティ管理の高度化(約15分)
講師:
KPMGコンサルティング パートナー 東海林 正賢

昨今、外部データベースのほか、ニュースサイトやSNS等での掲載情報を用いたデータ分析が注目を集めています。本セッションでは、外部データ活用にかかわる昨今のトレンド、および外部データを組み合わせたサードパーティ管理高度化の余地について考察します。
 

※公開日にご視聴用URLをメールにてお送りいたします。
(翌日になってもメールが届かない場合はお問合せ窓口までご連絡ください。)
※希望者多数の場合は抽選制とさせていただきます。また、個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※通信環境や企業のセキュリティ設定によっては、ご視聴いただけない場合もございます。

お問合せ窓口

informative image