グローバルキャッシュマネジメントの高度化とシンガポール統括拠点を活用したアジアグループ資金管理

【終了しました】2020年12月16日(水)~2020年12月23日(水)17:00

【終了しました】2020年12月16日(水)~2020年12月23日(水)17:00

昨今のCOVID-19など予測困難な世界情勢下において、改めて本社財務部門としてグループ資金や為替リスクをコントロールしておくことの必要性が浮き彫りとなりました。タイムリーかつ効果的にグループ財務業務を遂行するために、全体最適を理念としたグループ会社をまたいだ「財務ガバナンス体制」と、「キャッシュマネジメントとしての基盤を仕組み化」し、通常の業務の中に事前にそれらを埋め込んでおくことが重要です。セッション1では、グローバル財務ガバナンス強化とトレジャリーマネジメントシステム(TMS)を活用した財務機能高度化などグローバルキャッシュマネジメントの全体像について解説します。

また、グローバルキャッシュマネジメントの中でも、近年経済成長が著しく日系企業の進出が増加しているアジア地域の資金管理が喫緊の課題となっています。しかしながら、日系企業のアジアグループの資金管理については、現法個社対応となっているケースが散見され、日本国内または欧米グループと比較して資金管理の高度化が遅れており、アジアグループの資金管理が非効率になるばかりでなく、現法個社の資金管理が不透明となり不正の温床ともなっています。このような現状を踏まえ、セッション2では、アジア地域にフォーカスし、シンガポール財務統括会社を活用したアジアグループ全体の資金管理高度化のアイデアと、シンガポール財務統括会社を活用する上での留意点について解説します。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
配信期間:2020年12月16日(水)~2020年12月23日(水)17:00
※期間内であればいつでも何度でもご覧いただけます。
視聴時間:約50分
受講料:無料
対象:経理財務部門の責任者様および実務担当者様
申込受付締切:2020年12月15日(火)12:00

お申込みはこちら

※申込手続きにはまず、会員登録(無料)が必要です。
※オンラインセミナーの参加にあたっては、お申込みいただく方ご自身がお持ちのメールアドレスが必要です。
※配信開始日に、ご登録いただいているアドレス宛に「視聴方法のご案内」メールをお送りします。視聴URLにアクセスしセミナーをご覧ください。
※インターネット環境や回線状況により、アクセス不良が生じる場合や、音声・画像が途切れるなどご視聴いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。
※本セミナーは、ロゴスウェア(株)のGigaCastを用いて動画配信をおこないます。
※メールはドメイン名「@mail.gigacast.tv」で配信されます。

プログラム

セッション1:グローバルキャッシュマネジメントの高度化

講師:KPMGコンサルティング ファイナンス ストラテジー&トランスフォーメーション
ディレクター 衣笠 修一

セッション2:シンガポール統括会社を活用したアジアグループの資金管理

講師:あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス
シニアマネジャー 木村 知生

informative image