Withコロナ時代の宿泊マーケット展望

【終了しました】2020年10月1日(木)~10月23日(金)

【終了しました】2020年10月1日(木)~10月23日(金)

【オンラインセミナー】KPMG FAS ホスピタリティ&ツーリズムグループでは、オンラインセミナー(オンデマンド配信)を開催致します。

急速な少子高齢化が進む我が国において、宿泊業は旺盛な外需を取り込むことができる数少ない成長セクターとして注目されてきました。しかしながら、コロナ禍による入国制限措置により、年間3千万人規模の訪日外国人が消滅するという事態に直面し、宿泊業界は未曽有の危機を迎えています。また、宿泊施設の供給面では、増加する訪日外国人や東京オリンピック等の宿泊需要の獲得に向けて、大規模な宿泊施設の開業が進行しているため、コロナ禍以前から懸念されてきた供給過多の状況が表面化する中で、宿泊業を取り巻く収益環境の回復には一定期間を要するもの考えられます。
この度、KPMG FASホスピタリティ&ツーリズムグループでは、かかる状況に鑑み、国内の宿泊業に関与する企業の皆様にとって有用な情報をご提供すべく、日本ハイアット株式会社代表取締役副社長 坂村政彦 様との対談を実施し、「Withコロナ時代の宿泊マーケット展望」をオンラインセミナーにて展開させて頂く運びとなりました。
コロナ禍の収束時期が見通せない不透明な市場環境の下、宿泊業界の各プレーヤーが生き抜くためには、どのような変化が必要なのでしょうか。本セミナーがコロナ禍を乗り越え、ニューノーマル(新常態)下の宿泊市場を切り開く一助となれば幸いです。

お申込みはこちら

 

※お申込みいただいた方には、翌々営業日までにご視聴用URLをメールにてお送りします。
※個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※通信環境や企業のセキュリティ設定によっては、ご視聴いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

開催概要

配信方法:オンデマンド配信
公開期間:2020年10月1日(木)~10月23日(金)
(期間内であれば何時でもご覧いただけます)
対象:宿泊施設の保有・運営会社、宿泊事業を有する事業会社、宿泊事業または宿泊施設不動産への投融資を実施・検討する金融機関・投資会社の皆様
受講料:無料
お申込方法:上記のお申込サイトからのお申込みをお願い致します。翌々営業日までに視聴用URLをお送りいたします。

お申込いただいた方には、弊社で実施したアンケートのレポート「Lodging Market New Normal - Withコロナ時代の宿泊マーケット展望」のダウンロード用URLもお送りいたします。

プログラム(全体で60分程度)

セッション1 「国内宿泊マーケットの需要回復」

KPMG FAS ホスピタリティ&ツーリズムグループ マネジャー クレパル 章子
講演内容:
KPMGでは、2020年6月にホテル・旅館を保有・運営する事業会社、国内のホテル・旅館に投融資を行う投融資家を対象として、「Withコロナ環境下のホテルマーケット展望に関するアンケート」を実施し、宿泊需要の回復時期や回復が期待される需要について分析しました。本セッションでは、顧客の志向や旅行形態が変化する中で、セグメント別宿泊需要の動向等について解説します。

セッション2 対談「次世代のホテルへの転換には何が必要か」

日本ハイアット株式会社 代表取締役副社長 坂村 政彦 氏
KPMG FAS マネジャー クレパル 章子
対談内容:
コロナ禍を機に顧客のニーズや働き方が変わりつつある今、これまでとは違ったホスピタリティが支持され、ホテルビジネスは転換を余儀なくされるはずです。本セッションでは、国内で複数の高価格なホテルを運営する日本ハイアット株式会社 代表取締役副社長の坂村 政彦氏をお招きし、次世代のホテル像と転換期に注力すべき施策を議論します。

informative image