オープンAPIと金融サービスの最新動向およびサイバー攻撃の実態~デモで実感するAPIへの攻撃と対策~

【終了しました】 2020年10月29日(木)17:00~18:00

【終了しました】 2020年10月29日(木)17:00~18:00

【オンラインセミナー】 金融機関等におけるAPIサービスの動向やサイバーセキュリティ対策について、ソリューションデモを交えて解説します。

2018年6月に「銀行法等の一部を改正する法律」が施行され、オープンAPI体制整備の努力義務が金融機関に課されました。それ以降、金融機関は、電子決済等代行業を営むFinTech企業等にAPIサービスを開放し、オープン・イノベーションの促進に努めています。
海外では、APIサービスを標的としたサイバー攻撃によって大規模な情報漏洩事故が発生しています。APIサービスを標的としたサイバー攻撃は、従来のサイバーセキュリティ対策だけでは補えきれないもので、APIの特性を踏まえて対策を講じる必要があります。

本セミナーでは、包括的なAPIトラフィックのマネジメントサービスを提供するアカマイ・テクノロジーズと、APIガバナンスに関する知見と実績を有するKPMGが、金融機関等におけるAPIサービスの動向やAPIサービスを標的としたサイバー攻撃の手法とその対策について、ソリューションデモを交えながら解説します。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひこの機会にご視聴いただき、貴社のサイバーセキュリティ対策の一助となれれば幸いです。

開催概要

配信方法:ライブ配信
公開期間:2020年10月29日(木)17:00~18:00
申込受付期間:~2020年10月26日(月)17:00
視聴時間:60分程度
受講料:無料(事前登録制)
対象:金融機関におけるIT企画・開発・運用部門、経営企画部門、内部監査部門の方
主催:アカマイ・テクノロジーズ、KPMGコンサルティング

プログラム

セッション1:オープンAPIと金融サービスの最新動向(25分程度)

講師:KPMGコンサルティング ディレクター 薩摩 貴人、シニアマネジャー 江波戸 晃
「銀行法等の一部を改正する法律」の施行以降、整備が進められるAPIは、金融機関がデジタライゼーションを進める上で重要な役割を果たしています。本セッションでは、オープンAPIの成り立ちから金融機関における活用事例について、順を追って解説します。

セッション2:データで見るアカマイが捉えた金融APIを狙う攻撃動向とその背景(10分程度

講師:アカマイ・テクノロジーズ プロダクトマーケティングマネージャー 中西 一博 氏
国内でも金融業や決済アプリなどのAPIを狙った情報漏えい被害が広がっています。アカマイのリサーチャーが捉えた攻撃のAPIへのシフトの兆候や、その背景にある動機などの攻撃側の視点を交え、巧妙化する国内外の攻撃動向と有効な対策を考察します。

セッション3:攻撃デモで理解する認証APIに対する攻撃のしくみと有効な対策(25分程度)

講師:アカマイ・テクノロジーズ セキュリティストラテジーディレクター アジェイ・ミスラ 氏
認証、認可、脆弱性攻撃などのAPIに対する典型的な攻撃手法を技術解説し、それに対する有効な防御策のデモをご覧いただきます。※日本語講演

お申込みの受付は終了いたしました

※公開1週間前にご視聴用URLをメールにてお送りいたします。
(メールが届かない場合はお問合せ窓口までご連絡ください。)
※希望者多数の場合は抽選制とさせていただきます。また、個人および同業の方のお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※通信環境や企業のセキュリティ設定によっては、ご視聴いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

informative image