宮坂 修司

KPMGジャパン マネジメントコンサルティング統轄パートナー/KPMGコンサルティング 執行役員 マネジメントコンサルティング統轄パートナー

KPMGコンサルティング

東京大学工学部卒業後、1991年大手総合商社入社、ロンドン赴任を経て米系コンサルティングファーム素材産業グループ、大手米系IT企業の通信・メディア・公益事業のコンサルティング部門における主要アカウントリードパートナー、営業部門における事業開発エグゼクティブを経て2012年にKPMGマネジメントコンサルティング(当時)に入所。エネルギー&インフラストラクチャーセクターの立上げに従事。その後Global Corridorロールを担ったシンガポール赴任を経験。セクターパートナーとしてはCXOクラスリレーション構築、インダストリーPoVの発信による業界未来像と解決策提言を通じて、新規事業戦略、大規模プロジェクト推進支援、規制緩和対応支援、デジタル戦略と導入アウトソーシングアドバイザリー等に関与。 2021年7月より、KPMGジャパンにおけるマネジメントコンサルティング統轄パートナー兼KPMGコンサルティング マネジメントコンサルティング統轄パートナー。

【担当領域】セクター戦略、新規事業検討、デジタルストラテジー、大規模トランスフォーメーションマネジメント、オペレーションストラテジー、オペレーショントランスフォーメーション、テクノロジーエネーブルメント、テクノロジートランスフォーメーション