close
Share with your friends

加藤 健一郎

KPMG FAS 執行役員パートナー 金融セクターリーダー

KPMG FAS

1990年にセンチュリー監査法人(現あずさ監査法人)に入所し、主に外資系金融機関やSEC(米証券取引委員会)登録日本企業の監査に従事。1998年より3年間のKPMGロンドン事務所勤務を経て、金融専門グループに帰任。国内、海外の銀行、生損保等の監査を主導。アドバイザリー業務では、金融機関の買収等における財務デューデリジェンスのほか、メガバンク、信託銀行、保険会社、ノンバンクに対する内部統制アドバイザリーサービスやIFRS導入支援・米国会計基準アドバイザリー等のプロジェクトを主導。 2011年にKPMG FASに金融業界に特化したディールアドバイザリーのチームを立ち上げ、金融業界のクライアントに対し、国内外の多数のM&Aや出資案件において、案件のソーシング、デューデリジェンスやPMIを始めとするM&A関連のサービスを提供。2017年からはフォレンジック関連サービスを含めた金融業界専門部門のラインヘッド。

加藤 健一郎

学歴

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

資格

  • 公認会計士

執筆物
さらに読み込む
コネクション
さらに読み込む

お問合せ

  • 東京, JP
 

ご依頼・ご相談

 

loading image RFP(提案書依頼)