理事長メッセージ

理事長メッセージ

有限責任 あずさ監査法人 理事長 森 俊哉より、みなさまへのメッセージです。

有限責任 あずさ監査法人 理事長 森 俊哉より、みなさまへのメッセージです。

あずさ監査法人 理事長 森 俊哉

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度あずさ監査法人の理事長に就任した森です。あずさ監査法人が、皆様から信頼され、常に選ばれる存在になることを目指して努力してまいります。
 

今も続くコロナ禍は、将来見通しの不確実性の増加、産業構造の見直し、グローバルビジネスの在り方の再構築、デジタル化のさらなる進展、働き方や価値観の多様化、サステナビリティーへの関心の高まり等、社会環境や企業を取り巻く経済環境も劇的に変化させ、多くの企業がその対応のために取り組んでいます。我々の業界においても、監査品質を組織として持続的に向上させることの必要性が高まっており、今後適用される国際品質マネジメント基準(ISQM)への対応を進めていくことで、監査品質のさらなる改善に取り組んでいく必要があると考えています。

日本企業が様々な経営課題に直面し、アカウンティングファームに対してより高度な情報やサービス提供が期待される中、そのニーズに組織として応えていくために、特に以下の項目に力点を置いて取り組んでまいります。
 

1つ目は監査品質の追求です。
産業・業種の中で発生している独自の課題に対して、今まで以上にビジネスへの深い理解や監査先とのコミュニケーションが重要となっています。適時適切な問題提起や解決策の提示を通じた付加価値の提供を可能にすべく、業種・産業の専門情報を集約する体制を強化し、KPMGジャパンと連携してセクター別の知見を高度に活用できる体制を強化してまいります。また、KPMGのグローバルのネットワークを駆使しつつ、我々の強みであるグローバル対応力を活かしてクライアントの海外拠点のガバナンス強化に貢献してまいります。
 

2つ目は、非財務情報に係る開示の拡充への対応です。
世界的な課題である気候変動やESGへの取組みが促進される中、非財務情報の重要性はますます高まっています。非財務情報に係る開示の拡充などに対する社会からのニーズの高まりに応えるべく、これらに関する高い知見を活かした質の高い情報や業務の提供を行っていきます。組織的には、サステナブルバリュー本部を新設し、その対応力や発信力を更に充実していく所存です。
 

3つ目は、デジタル化のさらなる進展です。
コロナ禍によりデジタル・トランスフォーメーションの流れが促進される中、監査業務のデジタル化による付加価値の提供と業務の効率化に引続き取り組むとともに、KPMGグループ各社と一体となって、社会・クライアントからの期待やニーズに対応していきます。さらに、監査プラットフォームである「KPMG Clara」を活用し、リモート環境下においても社会・企業に対して新たなInsights(付加価値のある洞察や知見)を提供してまいります。
 

あずさ監査法人が目指すVisionは「The Clear Choice」です。すなわち社会・企業・関係するすべての人々から常に信頼され選ばれる存在になることです。監査法人だけでなくKPMGグループ全体で「信頼」を全ての根幹に位置付け、高い倫理観の醸成と高品質な業務の遂行に最優先に取り組むことで、資本市場を支えるインフラとして社会・クライアントからの期待に応え、もって経済社会の発展に寄与していく所存です。
 

有限責任 あずさ監査法人 理事長
KPMGジャパン チェアマン&CEO
森 俊哉