close
Share with your friends

理事長メッセージ

理事長メッセージ

有限責任 あずさ監査法人 理事長 高波 博之より、みなさまへのメッセージです。

有限責任 あずさ監査法人 理事長 高波 博之より、みなさまへのメッセージです。

高波 博之

コロナ禍という世界的なパンデミックの発生から早くも1年が経とうとしております。コロナ禍の影響は、依然として継続しており、日常の生活環境や企業を取り巻く環境も劇的に変化しました。一部の国ではワクチンの接種が始まったものの、予断を許さない状況が続いております。

弊法人においても、感染リスクを極力減殺することに努め国民としてパンデミックを阻止することに協力すること、そして同時に私どもの職員はもとよりクライアントの皆様の健康と安全を守ることが常に優先すると考えています。その上で私ども監査法人が社会から付託された「監査を通して健全な市場経済を守る」という責務を従前どおり確実に、かつ効果的に果たしていく所存です。

そうした中で、今年は監査上の主要な検討事項(KAM)を監査報告書に記載することが強制される初年度であります。同時に気候変動や格差・分断問題の深刻化を契機にESGの重要性が高まり、非財務情報の重要性が一挙に高まっております。さらにコロナ禍が進めたテレワークの常態化が、価値観を変化させ新しい働き方に大きな変革をもたらしていますが、同時に企業経営においては海外子会社のガバナンス方法に時として困難を生じさせ、実は私どもの監査においてもフィジカルな監査証拠の入手が困難という新たな問題を提起してきています。このような具体的で早急に対応していく必要のあることに対して、タイムリーで適切な情報発信に努めるとともに、必要なガバナンス構築への助言、そして新しい監査手法の追求を通して、皆様の期待に応えていく所存です。

そして、上記のような直截的な問題に対処するだけでなく、日本企業が直面している、あるいは直面するであろう様々な問題の解決に、常に資する体制を強化するために、以下の3つについて重点的に取り組んでまいります。

1つ目は、環境の変化に伴い、日本企業が直面するリスクへの想定力を高め、そのリスクへのプロアクティブな対応ができる体制の構築です。このコロナ禍だけでなく、米中対立の長期化、そして地政学リスクなど、その変化のインターバルは急激に短くなってきており、日本企業をとりまくリスクは多様化し、常に先取りしてそのリスクマネージすることが求められます。そのために今まで以上に監査関与先の経営者等との対話を通じて会社が対峙する課題を正しく理解し、当該課題について業の知見等を持って的確に対応できるように、業種・産業の専門情報を集約する体制を強化し、皆様の信頼に足る法人を目指してまいります。

2つ目は、テクノロジーの進化への不断の対応です。このコロナ禍において、企業の内部管理としても、私どもの会計監査においても今まで以上にデータの分析を駆使し、効果的な管理、そして監査が期待されています。当法人はKPMGグループ各社と一体となって、あらゆる方面での変革に対応していきます。特に、監査のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するため、新しい監査プラットフォームである「KPMG Clara」を活用し、リモート環境下においても社会・企業に対して新たなInsights(付加価値のある洞察や知見)を提供してまいります。

3つ目は、当法人の特徴であるグローバル対応力のさらなる強化です。コロナ禍でも我が国の企業のグローバル化がやむことはありません。同時に我が国の企業の常に課題であるグローバル・ガバナンスの構築、企業統治におけるもっとも重要な普遍的カルチャーの醸成など、まだまだグローバルで対応すべきことが山積みです。我々はKPMGというグローバルのネットワークを駆使しつつ、このコロナ下での海外企業のガバナンスにできる限り資する体制の構築を一段と強化していく所存です。

昨年、弊法人の一部パートナーおよび職員が、法人内のeラーニングにおいて、不適切な受講を行った結果必要な単位数を満たしていないという事実が判明いたしました。職業的専門家として保持すべき倫理観の欠如、さらに社内での管理体制が十分に機能していなかったことによるものと厳粛に受け止め、コンプライアンス教育を徹底するとともに社内管理体制を強化し、再発防止に向けて真摯に取り組んでまいります。

本年も社会からの期待に応え続けていくために監査法人だけでなくKPMGグループ全体で、信頼に足る人材そして組織を作ってまいります。テレワークが当たり前になるときでも、最後は人と人の信頼、組織と組織の信頼が、最も大切であることは変わりません。この信頼は、構成員一人ひとりの誠実性があって成り立つものであることを改めて認識し、パートナーおよび職員全員が自らを律し信頼の回復に努めることで、常に選ばれる存在である「The Clear Choice」の実現を目指してまいります。

 

有限責任 あずさ監査法人 理事長
KPMGジャパン CEO
高波 博之