サマリー

2021年11月17日、香港公認会計士協会(以下、HKICPA)が開催したウェビナーで、電子申告プロジェクトの最新情報、具体的には事業所得税の電子申告に関する進捗状況と今後の見通しについての説明が香港税務局(以下、IRD)により行われた。

IRDが提案している電子申告プロジェクトのスケジュールと、すべての納税者に事業所得税の電子申告を展開するという最終目標に鑑みるに、各企業は、電子申告を税務サービス業者に委託する方が良いか、会計システムのアップグレードも含めて社内で対応する方が良いかの検討を事前に開始する必要がある。

香港タックスアラート(香港税務速報)- 第11回, 2021年12月 -タックスアラート – 香港税務局、事業所得税の電子申告に関する

2021年11月17日、香港公認会計士協会(以下、HKICPA)が開催したウェビナーで、電子申告プロジェクトの最新情報、具体的には事業所得税の電子申告に関する進捗状況と今後の見通しについての説明が香港税務局(以下、IRD)により行われた。IRDが提案している電子申告プロジェクトのスケジュールと、すべての納税者に事業所得税の電子申告を展開するという最終目標に鑑みるに、各企業は、電子申告を税務サービス業者に委託する方が良いか、会計システムのアップグレードも含めて社内で対応する方が良いかの検討を事前に開始する必要がある。

Opens in a new window