close
Share with your friends

BEPS 行動計画7における恒久的施設に関する提言が中国でのタックスプランニングに及ぼす影響

BEPS 行動計画7における恒久的施設に関する提言が中国でのタックスプランニングに及ぼす影響

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第12回, 2015年6月  

1000

Related content

中国税務速報

OECDは、2015年5月15日に、G20およびOECDによる税源侵食と利益移転(「BEPS」)プロジェクトにおける国際税制改正の一部としての恒久的施設(「PE」)に関するディスカッションドラフトを公布した。BEPS行動計画7におけるPEディスカッションドラフトは、コミッション代理人の取り決めを利用する、またはPE条項に定めた特定の活動に対する免除を濫用するなど、PE認定の人為的回避を防止するために、PEの定義を修正することを旨としている。

© 2020 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in China, KPMG, a Macau partnership and KPMG, a Hong Kong partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited  ("KPMG International"), a private English company limited by guarantee. All rights reserved. The KPMG name and logo are registered trademarks or trademarks of KPMG International.

 

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

Connect with us