close
Share with your friends

税関・監督管理サービスに18項目の新措置~天津自由貿易試験区の発展を後押し

税関・監督管理サービスに18項目の新措置~天津自由貿易試験区の発展を後押し

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第9回, 2015年5月  

1000

Related content

中国税務速報

中国(天津)自由貿易試験区(以下「天津自由貿易試験区」)は、2015年4月21日より正式始動した。天津自由貿易試験区は、既に設置済みの上海自由貿易試験区に続くものであり、今回、同時発足した広東省自由貿易試験区、福建省自由貿易試験区とともに新たな3自由貿易試験区の1つとなり、中国北部地域においては、初の自由貿易試験区でもある。そのため、天津税関は、4月22日付けで税関監督管理サービスに対する18項目に及ぶ新措置を先行導入した。これにより、税関から天津自由貿易試験区の発展をサポートする具体的な目標は下記のとおり明確にされた。  

  • 税関管理の新措置でありハイレベルな制度を確立
  • 新しいモデルによる保税管理システム及び通関管理システムの2つを構築
  • 天津自由貿易試験区の建設優位性の強化、港湾サービス適用の範囲拡大、貿易の利便性向上の3つの目標を実現

© 2020 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in China, KPMG, a Macau partnership and KPMG, a Hong Kong partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited  ("KPMG International"), a private English company limited by guarantee. All rights reserved. The KPMG name and logo are registered trademarks or trademarks of KPMG International.

 

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

Connect with us